無意識を味方につける!

あなたの心は健康ですか?

…もちろん、病気であれば病院へ行ってくださいね。

ここで考えたいのは、「”病気じゃない”=”健康”」ではない ということです。

体と一緒です…

体も、病院へ行くまででもない不調な状態ってありますよね。

なんか最近疲れが取れにくいとか、体が重だるくってやる気がおきないけど、病気ってわけでもない。

調子が悪くて病院に行ったけど、どこも異常がなかった…

でもやっぱりすっきりしない。

こんな時に役に立つのがアロマテラピーを始め、いろいろな自然療法

心にもこんな状態ありますよね。

明確な原因…悩みとか問題になるようなストレスとか…が思い当たるわけでもないのだけど、なんだか気分がすっきりすぐれない

気分が暗く落ち込めば、どうにかしなきゃ という気持ちにもなるけれど、なんとなくやる気が出なかったり、毎日を楽しめていなかったり、ちょっと最近ピリピリ神経質になっているかも という程度だと、なかなか不調に気づきにくくて、積もり積もって・・・・なんてこと。

こんな時にもやっぱりアロマテラピーを始め、いろいろな自然療法が役立ってくれるのですが・・・

自分らしく調子がいいときの心の状態ってどんな状態でしょう?

朝起きたときから爽快な気分で、やる気に満ちていて、ポジティブ思考で、周りの人に対しても優しい気持ちを向けられて、、、

こんな状態のとき、心の状態ってどんな感じですか?

・・・自分らしく調子が良いときって、当たり前すぎて無意識すぎて、そんなときの心の状態なんて、あまり意識していなかったりしませんか。

・・・私がそうでした。

実は最近、心が重~くなる出来事が

詳しい内容は省きますが、心にゆとりがなかったことが原因です。

私の性質上、目の前のことに全力を尽くそうとしてしまいます。

これ自体は悪いことではないと思うのですが、心に余裕がないときは、周りへの配慮がうまくできなくなってしまうんです。

配慮していないわけでもないのですが、相手に伝わる配慮がうまくできないというか、俯瞰的に物事をみれなくなってしまう  というか。

そして、そのことに対して自己嫌悪

無意識的な心の状態も良くなかったせいか、久しぶりに負のスパイラルにはまってしまいました。

寝る前やふとしたときに思い出してしまうんです。

さすがにこのままではいけないと思って、いつも認知症対策のアロマを入れているネックレスに「ポジティブ思考 インプット」の香りを入れて深呼吸

この経験を次に生かすことを考えなければ

思い返せば、最近、なんだか気持ちばかりが焦って、やりたいけどやれていないことが気になっていました。

そんなことを考えながら私のアンテナに引っかかった言葉…

「幸せな心の状態を作らなければなりません」

Dr.モルツ『サイコサイバネティクス』の中で紹介されています。

”幸せな心の状態”ってどんな状態だろう…

具体的に幸せな気分を思い浮かべてみると、私にとっては、胸からお腹にかけての空間に春の明るい暖かな日差しを感じる といったイメージがぴったりでした。

口笛を吹きたくなるような、自然と笑顔になるような感覚…

(思わず口笛を吹いた時のいい気分なんて、久しぶりに思い出しました)

人によっては子供達が無邪気に遊んでるシーンを思い浮かべたり、楽しかった経験を思い出してみると、ぴったりくる感覚を思い出せると思います。

この感覚をイメージしたまま、失敗した出来事のシーンで自分がどう行動するかを想像してみると、楽しく朗らかに対応している自分が見えてきました。

うまくできなかったことに対して反省はしてますが、前向きの反省に変換できた気がします。

克服方法がわかったので、いつまでも過去の失敗にとらわれずにすむ という感じです。

調子が悪いときの感覚は意識しても、調子がいいときの感覚って意外と無意識なことが多いもの。