ラベンダーは安眠に良くない

あなたはこんな間違いをしていませんか?

先日、友人から 眠れないんだけど、

・・・アロマ使っているよね?

と聞かれました。

僕が、どうしたのと聞き返すと・・・

眠れなくって。

朝方まで、眠れない日もあって・・・

いつ頃から眠れなくなったの・と聞き返すと・・

いつ頃か、わからないけど、多分・・半年前くらいからかな。

〜〜半年前〜〜

友人は、学生時代から優しくって面倒見の良い頼れる存在でした。

そんな友人が人事異動で離党に単身赴任することになりました。

奥さんと子供達は学校の関係で一緒にいけなくって・・

友人は、家族のことが心配でしたが奥さんと子供達に見送られ、一人で離島に3年間勤務することになったんです。

離島勤務から復帰するとほとんどの場合は、管理職に抜擢されるらしく、

友人はそれを望んでいました。

しかし、赴任先の上司との関係が・・よくありませんでした。

友人は目の下にクマを作っていて・・

眠れないんだということがよくわかりました。

僕はラベンダーの香りを友人に嗅がせました・・するとよくわからないけど、ラベンダーって安眠にいいんだよねと彼に聞かれました。

彼は、事前に調べていたらしく 精油のことを一通り知っていました。

ラベンダーは、眠る時に使うと「セロトニン」と言う物質を脳から出しやすくしてくれるのです。

セロトニンは幸せホルモンと言われていて、脳内をポジティブに変換してくれます。

現代社会は、ストレス社会です。

些細な事で人間関係に歪みができて、溝になってしまいます。

緊張状態の脳にはストレス緩和のラベンダーが必要です。

しかしですね・・・僕の話を聞いてください。

眠れない人に、ラベンダーを進めるのは間違いなんです。

ラベンダーの作用は鎮静作用なんです。

アロマ初心者向けの講座参加者に、ラベンダーの香りという事を伏せておいて、香りに対するイメージと快か不快かをお聞きします。

すると、約半分の方が、香りに対して苦手です。

と回答されます。

アロマテラピーで1番人気のラベンダーですが、実は香りに対する感じ方が別れる事が良くあるんです。

なんで、かと言うと、ラベンダーの香りは安眠に良いのではなく、香りの成分は、体に対して鎮静作用として働いてくれるのです。

鎮静する事によって私たちは、眠りにつく事になります。

しかし、香りが苦手な方は、鎮静どころか不快に感じてしまいます。

眠れないからといって、ラベンダーを進めるのは間違いかも・・

但し、アロマテラピーの凄いところは・・・今日、不快だからといって・・ずうっと不快という訳でもないんです。

ラベンダーが苦手な方には、オレンジスイートを1:2の割合でブレンドしてみてください。

不思議なんですけど、苦手だった感じがなくなります。

相乗効果・・ラベンダーのマイナス部分をオレンジが消してくれるんです。

平井数冨実

PS:精油の正しい使い方はとっても簡単です。でも、初めての方には難しいかもしれません。初めての精油選びで失敗したくない方は・・店頭にお越しください。貴方の悩みに合ったアロマテラピーを提案します。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

アージョ :長崎県長崎市葉山1−10−3

​営業時間:10:00〜19:00(月・火曜定休)

​TEL:095−856−4161

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 agio.aroma