top of page
DSC07965_edited_edited.png

誰にでもできる!がん克服への第一歩。

私たちは日々、さまざまな選択を迫られます。

何を望み、何をすべきか、答えを見つけることが難しい時もありますよね。

 

私自身、がんになった際、医者の提案とは異なる選択をしました。

この経験から、人生において自ら意思決定をする重要性を学びました。

​完治に関する情報を探す中で、

末期の症状でがんが奇跡的に治った100人のアンケート結果を見ると、

彼らに共通していたのは特定の治療法ではありませんでした。

 

それぞれが異なる方法で治療を行っていましたが、共通していたのは「この治療法で治す」という強い意志です。

 

私も末期症状で「もう治らない」と医者に宣告されましたが、完治しました。

 

肉眼で確認できた「がん」が完全に消えたんです。

がんと診断されてから約半年間、さまざまな治療法を試みましたが、最終的には末期状態での出血が止まらず、緊急入院となりました。

 

私は、病院から生きて帰るという決断をしました。

その決断に誠実に向き合ってから数日後、奇跡的に回復しました。『完治』

 

治療を選ぶ際、『これがいい、あれがいい』と多くの意見を聞き、色々と試しましたが、本当にその方法に責任を持っていたわけではありませんでした。

 

しかし、なぜ自分で選択し決断した方法に責任を持つことが、実は最も重要だったのでしょうか?。

 

ガンに限ったことではなく、あなたが望む人生は、あなたがどんな選択・決断をするか、そしてその決断に自信を持って誠実に向き合うことで得られます。

アンカー 1

​私の闘病体験「どん底からの完治」

不安や不調を抱えたままにしていませんか?

病は気から、病気は心治し... 

今の状況から抜け出せない、なにをどうしたらいいかわからない...

そんな状況になっているなら、私の体験動画をご覧ください。

IMG_8588_edited.jpg

がんと診断され、どうしたらいいか わからないあなたへ。
なぜ、私のがんは消えて無くなったのか、どうして、いまだに完治方法が確立されていないのか
なぜ、治る人と、治らない人がいるのか…どん底からの回復には、その理由があります。

Image by Milad Fakurian

1

​自分の思い込みに気付き
​手放す

私の完治方法は、自己理解と内面の癒しに焦点を当てることです。このプロセスでは、ネガティブな感情や過去のトラウマを手放し、ポジティブな思考と感謝の心を育むことによって、心身の健康を回復します。具体的には、瞑想、

正しい栄養、身体活動、そして

心理的サポートを組み合わせて、自己の癒しを促進します。

これらの方法を通じて、私はがんから奇跡的に回復しました。

2

思い込み・ネガティブ感情
リセット

​がんは治らない、という無意識の思い込みを、クリアーにします。感情を整え、自己免疫力を高めるために、心と体を整えます。

そして、今までの自分を振り返りネガティブな感情を手放してゆきます。それから、どうしたいのか、どうなりたいのかを明らかにして、自分自身を整えます。

​瞑想やメンタルコーチング、アロマなどを通して心を強くします。

3

運命からの解放
喜び

病気を乗り越えた経験は、生活の質を根本から改善します。健康への感謝とともに、日常の小さな幸せに目を向けるようになり、より豊かな生活を送ることが可能です。完治後には、新しい興味や趣味を見つけることが多くなります。これは、自己表現の場としてだけでなく、人生をさらに充実させる要素として、大切な人や地域や社会貢献にもつながります。

あなた専用の無料 個別相談を実施中!

アンカー 2

私の体験が、もしあなたの何かの助けになればこれ以上の喜びはありません。

がんという大きな壁に直面しているあなたに、少しでも希望の光をお届けできればと思います。

私の体験に少しでも関心を持たれた方、またはもっと深くこの話を聞いてみたいと思われた方は、ぜひ個別相談をお申込みください。

どうぞお気軽にお声掛けください。

言葉と香りの アロマ アージョ

​〒851-2214   長崎県 長崎市 葉山 1-10-3 下屋敷ビル1F

​月曜・火曜 定休日 営業時間 AM10:00〜18:00

bottom of page