top of page

奇跡の完治への道 ― 朝の瞑想で心を癒す


手術・抗がん剤・放射線、自由診療と治療法は、さまざまです。 私たちは日々、さまざまな決断を迫られます。





何を望み、何をすべきか、答えを見つけることが難しい時もありますよね。 私自身、がんになった際、医者の提案とは異なる選択をしました。 この経験から、人生において自ら意思決定をする重要性を学びました。


末期の症状でがんが奇跡的に治った100人のアンケート結果を見ると、

彼らに共通していたのは特定の治療法ではありませんでした。 それぞれが異なる方法で治療を行っていましたが、

共通していたのは「この治療法で治す」という強い意志です。


私も末期症状で「もう治らない」と医者に宣告されましたが、 完治しました。肉眼で確認できた「がん」が完全に消えたんです。

がんと診断されてから約半年間、さまざまな治療法を試みましたが、

最終的には末期状態での出血が止まらず、緊急入院となりました。


入院中、病気を心から治すという決断をし、瞑想に専念しました。


その決断から数日後、がんは消えました。


治療を選ぶ際、『これがいい、あれがいい』と多くの意見を聞き、

色々と試しましたが、本当にその方法に責任を持っていたわけではありませんでした。


しかし、自分で選択し決断した方法に責任を持つことが、実は最も重要だったのです。


ガンに限ったことではなく、あなたが望む人生は、

あなたがどんな選択・行動をするか、その責任を持つことで得られます。

多くのがん患者が伝統的な治療に頼っていますが、

心と体の両方の癒しがなければ、真の健康は得られません。


私自身、がんと診断されたとき、医療だけに頼るのではなく、

自分自身で心の癒しを求める道を選びました。



私が取り組んだ最も効果的な方法の一つが、

毎朝日の出の時刻に空気の綺麗な場所で行う瞑想です。


この瞑想は、心をリセットし、一日の始まりを穏やかに迎えるためのものです。



瞑想を始めるには、まず静かで自然に囲まれた場所を見つけます。

深呼吸をしながら、全ての感覚に意識を向け、心の中のネガティブな思いを手放します。


目を閉じ、日の出の光を感じながら、自分の存在とその瞬間に感謝します。



この瞑想を習慣にすることで、私はネガティブな感情を減らし、

精神的な平和を得ることができました。


この穏やかな状態が、奇跡的ながんの完治へとつながりました。


同じ方法で、あなたも毎日を健康的で幸せに過ごすことが可能です。



奇跡の完治動画はこちら







長崎市葉山1-10-3下屋敷ビル1F

言葉と香りのアロマ アージョ

電話 095-856-4161





Комментарии


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page