「すっぴん力」を高めたい人は他にいませんか?

この方法は、

・ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしたり、緑やピンクの下地で肌トラブルをうまく隠す方法ではありません。

・レーザーを当てるように、すぐに効果を期待する人には向いていません。

・今まで、ケミカルなスキンケアをしていた人には、最初は物足りないかもしれません。

魔女の美容オイル

トラブルを補正するというよりは肌本来の再生力を高めていくことに重きを置いているからです。

化粧品を開発、製造している方にお話しを聞いたところ、普通の化粧品の考え方でいくと、できてしまったシミを消すのは ほぼ不可能だそうです。

ちょっと意外なお話しに、思わず耳を疑いました。

黒くなったものがビタミンC誘導体などで一時的に白くなったとしても、ストレスを受けるとすぐにまた黒くなってしまうのだとか…(個人的な考え方でしょうけど)

そうであれば、トラブルは目立たないようにいかに隠すかが重要になってきます。

しかし、これからご紹介するケアは、はじめにお伝えした通り、隠す方法ではありません。

シミができるメカニズムは、私たちの身体を守る仕組みでもあります。

強すぎる紫外線は、私たちにとって有害な外敵です。

強い紫外線は、活性酸素を増やし、シミやシワの素になるだけではなく、病気の原因になったり、細胞を傷つけ、老化を促進します。そこで肌ができる自己防衛として、たくさんメラニン色素を生成して、それ以上紫外線が体内に侵入しないようバリアの役割をしてくれます。

私たちにとってメラニン色素は、シミを作ろうとする敵ではありません。

肌の生理機能がスムーズに働いていれば、できたメラニン色素は肌のターンオーバーによって肌が生まれ変わるとともに排出されていきます。

ちなみに、強すぎる紫外線はメラニン色素の量を調整している細胞にもダメージを与えるため、過剰にメラニン色素を生成してしまうこともあります。

肌の生理機能が正常に働いていれば、肌のバリア機能が高まり、ターンオーバーも正常になります。

子どもの頃の肌を思い出してみてください。

紫外線なんて、自力で跳ね返していませんでしたか?

夏、真っ黒に日焼けしても、秋にはすっかり元に戻っていたり。

正直に言って、肌の生理機能は老化します。

28日周期はいつまでも続くわけではなく、年齢とともに肌の生まれ変わるサイクルは間延びしてきます。

肌がくすんでくる原因のひとつでもありますよね。

繰り返しますが、ご紹介するスキンケアは、つけるだけでシミがとれる、または、すぐにすっかり隠れて見えなくなるというものではありません。