top of page

がんとの闘いに心治しを取り入れた

こんにちは、平井一郁です。


今日は、がんと診断された際に私が直面した選択と、

手術以外の道を選んだ理由についてお話しします。






2019年の春、私は中咽頭がんステージ2.5と診断されました。


医師からは顔の一部を切除する手術の選択肢が提示されましたが、

それによって声や容姿が大きく変わる可能性に直面し、私は深く悩みました。



私が手術を選ばなかった主な理由は、

自分自身の身体と心への理解が深まったからです。


手術は一時的な解決策かもしれませんが、

私は心の状態が身体の健康に深く関わっていると感じていました。



そこで、心治しという方法に注目し、自己治癒の力を信じることにしました。



心治しは、

私たちの感情や深い信念に目を向け、

それらが私たちの身体にどのように影響しているかを理解するプロセスです。



私は瞑想、感謝、謙虚の実践、

そしてポジティブな自己対話を通じて、自分自身を癒しました。



このプロセスは、私に内面の平和をもたらし、次第に健康も改善していきました。



私は西洋医学を否定するわけではありません。


むしろ、標準治療と心治しの両方が重要であると考えています。


これらのアプローチを組み合わせることで、

がんとの闘いにおいてよりバランスの取れた治療を目指すことができます。



もし、自分自身の選択肢について興味がある方は、

是非私たちのコミュニティに参加してみてください。


私たちは、心と体の両方をケアする方法について

情報を共有し、支援を提供しています。


ブログを訪れてくださり、ありがとうございます。


私の体験が、同じような状況にある方々にとって

一つの視点となれば幸いです。


みなさんの健康と幸せを心から願っています。



YouTube、完治までの体験談を公開しました。











תגובות


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page